卒煙生活 > 禁煙のススメ! > たばこは死因ナンバーワン



たばこと死亡リスク


アルコールに比べれば、たばこなんてカワイイもの?たばこより仕事のストレスの方が体に悪いよ?本当にそうでしょうか?それらの意見を覆す興味深い研究があります。以下の表は
「米国における種々の活動による推定リスク:1985年」からの抜粋です。

U.S. Department of Health and Human Services 1989より抜粋
活動または原因 100万人あたりの年間死亡数(人)
能動喫煙 7,000
アルコール 541
交通事故 187
仕事 113
水泳 22
受動喫煙 19
サッカー 6
感電死 2
落雷 0.5
全死因 8,748
全てのがん 1,917
100万人あたりの死亡数を見ると、アルコールが541人、交通事故が187人であるのにに対し、たばこは能動喫煙で7,000人!!とダントツの1位です。多くの人が思っている以上にたばこは危険なのです。

能動喫煙の死亡率が高いのは自業自得ですが、受動喫煙*1の
19人も見逃せませんね。喫煙者は自分の健康だけではなく、大切な家族や友人など周囲の人の健康をもジワジワと奪っているのです!

*1 受動喫煙 ・・・ 喫煙者と同じ室内にいるだけで、呼出煙(吐き出された煙)や、有害成分を多量に含んだ副流煙が室内の空気を汚染し、それを吸ってしまうことで、肺がん、虚血性心疾患、呼吸機能障害などの健康被害が生じる。
まだ遅くない!

ご紹介したお金の無駄時間の無駄健康のリスク。これらは全て喫煙が原因です。ですから
タバコをやめれば取り戻せるものなのです。お金や時間の無駄はすぐに効果があらわれます。体もいろいろな面で徐々に健康を実感できます。
あなたも是非禁煙に挑戦してみてください!決してもう遅いなどということはありません!
Back  Home


SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO