卒煙生活 > 世界のたばこ事情 > F1がなくなる?広告規制



F1がなくなる!?


2005年4月から繁華街やビルの屋上にある「たばこ広告看板」の新設が禁止となり、年内には既存広告も姿を消すそうです。これは世界保健機構(WHO)の「たばこ規制枠組み条約」にともなう措置。

日本を含む57の加盟国は、たばこの広告や包装、箱の表示など幅広い分野で規制を受けるようになります。

条約の狙いは、ズバリ「
たばこ消費の削減」。

とうとう「喫煙大国」とされる日本でも、規制に対して本腰を入れようとしているようですね。

屋外看板広告の撤去などに加え、1992年から「マイルドセブン・ルノー」として参加してきたF1スポンサーからも、2006年秋を最後に撤退することが決定しました。


莫大なカネがかかるF1界にとって、たばこ会社のスポンサー撤退はその存続すら脅かす大打撃となります。ヨーロッパのGPではたばこ広告規制により、広告をはずしたなんともさびしいマシンがレースに登場することもありますね。

マイルドセブン    マイルドセブン    マイルドセブン    禁煙マーク
広告イメージによる洗脳

F1がなくなってしまうかどうかはおいといて、ピカピカ光るカッコいいマシンに堂々と
麻薬の広告が貼り付けられているというのは、ちょっと問題なのではないでしょうか?

F1に限らず、たばこの広告というのは、大概はかっこよさ、男らしさ、たくましさなどを連想させるように描写されています。これは「
たばこはカッコいいものという洗脳」なんですよね。

繰り返しますが、たばこはれっきとした麻薬なのです。決してかっこよくなどありません。
利権を守りたいたばこ業界と、税収を上げようとする政府にだまされてはいけません!

ジワジワとお金を吸い上げられる上、ジワジワと健康まで奪われるのはもうやめにしませんか?

Back  Next  Home


SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO